毎日タロット✡️今日の一枚 嫉妬は身を滅ぼす😣

タロット&西洋占星術 

『占いの館 智和輪~chiwawa~』

鑑定のご依頼はホームページまで🔮あなたのお悩みお聞かせ下さい。いつでもお待ちしております😘


奈良県大和高田市 占いの館 智和輪chiwawa 占い師Sumi - 西洋占星術 タロット占い


公式LINEからも各種問い合わせ、お申込み受け付け中💌是非お友達登録してね❗

https://lin.ee/16L24h5

大アルカナ 4番(Ⅳ) 皇帝 逆位置


f:id:Chiwawa-sumi:20210321132947j:image

威厳あるその姿。国を統治する皇帝👑

彼はまさに「権力」の象徴です❗

 

身近な存在だと「父親」を表します👨

または職場の「リーダー」なんかを指すことも☝️

 

まぁ、現代は家族の形もそれぞれなので、母親が皇帝で父親が女帝だったりするケースもありますがね😅

 

さて、権力のもっともたるもの。

それはやはり「国家権力」ですよね。

 

皆さんリヴァイアサンてご存じですか❓

ゲーム🎮をされる方なんかは、よく耳にする名前だと思いますが🙄

そうです。あのRPGゲームの名作「ファイナルファンタジー」シリーズにも登場する最強クラスの召還獣、海の悪魔リヴァイアサン

 

実はこのリヴァイアサンを「国家」の象徴と重ね合わせて書かれた本が存在します📕その名もずばり「リヴァイアサン」❗

 

著者である、哲学者のトマス・ホッブスは、海獣リヴァイアサンに「強い国家」の姿を重ね合わせ、国家や宗教、社会に関する主張を一冊の本まとめました📕

 

リヴァイアサンとは、元々は聖書に出てくる大いなる神が創り給うた存在です🐍

天地創造の5日目に作られ「最後の審判」の日に兄弟分のベヒモスとともに人々の食料となることが宿命づけられているんですって🍴

 

地上を統治し最高の生物とされるベヒモス

海中を統治し最強の生物とされるリヴァイアサン


f:id:Chiwawa-sumi:20210321142528j:image

ここに、リヴァイアサンが書かれた聖書の一部を紹介しましょう。

 

旧約聖書ヨブ記」第41章。

 

その歯の周りは恐ろしい。その背は並んだ盾、一つ一つぴったりついて、風もその間を通らない。

そのくしゃみは稲妻を放ち、その目は暁のまぶたのようだ。


その口からは、松明が燃え出し、火花を散らす。その鼻からは煙が出て、煮え立つ釜や、燃える葦のようだ。
その息は炭火を起こし、その口から炎が出る。その首には力が宿り、その前には恐れが踊る。その肉のひだはくっつき合い、その身にしっかりついて、動かない。


その心臓は石のように堅く、臼の下石のように堅い。それが起きあがると、力ある者も怖じけづき、ぎょっとしてとまどう。
それを剣で襲っても、効き目がなく、槍も投げ槍も矢じりも効き目がない。


それは鉄をわらのように、青銅を腐った木のようにみなす。火もそれを逃げさせることができず、石投げの石も、それにはわらのようになる。こん棒もわらのようにみなし、投げ槍のうなる音をあざ笑う。


その下腹は鋭い土器のかけら、それは打穀機のように泥の上に身を伸ばす。それは深みを釜のように沸き立たせ、海を香油をかき混ぜる鍋のようにする。

その通った跡は輝き、深い縁は白髪のように思われる。地の上には、これと似たものはなく、恐れを知らないものとして作られた。


それは、すべて高いものを見おろし、それは、すべての誇り高い獣の王である

 

どうですか❓「国家権力」とダブって見えた方はいましたでしょうか❓

リヴァイアサンは、悪魔ルシファーの側近としても有名で、その強大さゆえに海の悪魔として恐れられていますが、本来は誇り高き神の創造物なんですね✨

 

しかし、中世になると、リヴァイアサン七つの大罪のひとつ「嫉妬」を司る悪魔として、人々の間で恐れられるようになります😖

 


f:id:Chiwawa-sumi:20210321142513j:image

ここにもうひとつ、国家を揺るがし、歴史を動かした事件の背後には、権力を持った英雄やリーダー達の「嫉妬心」があったという面白い考察があります👩‍🏫


東京大学大学院教授の山内昌之氏によれば、

例えば、赤穂藩藩主である浅野内匠と、吉良上野介との確執。「忠臣蔵」でおなじみ、江戸城松の廊下で、浅野が吉良に切りつけるという刃傷沙汰まで起こした背景には、浅野の吉良に対する根深い嫉妬があったと言います☝️

 

高家」という名門の出身である吉良は、将軍家直属の家臣である「旗本」にすぎないにも関わらず、一国の主である浅野をはじめとした大名よりも官位が高かったこと。官職を任命するのは朝廷の仕事でしたが、それを代理としてやっていたのが吉良家だったこと。

 

つまり、浅野は吉良に二重の屈辱感を抱いており、これが相手を斬りつけるまでの強い嫉妬心を育んだと言うのです。

 

また、優秀な家臣、部下たちに対して嫉妬するリーダーも世界にはたくさんいたようで😅

 

アレクサンドロス大王は、部下に対し大変嫉妬深く、こいつは戦術が巧みである、あいつは統率力がある、勇敢であるといったように、それぞれ自分よりも優れた点を見つけては嫉妬していたそうです💦


薩摩藩の最高権力者であった島津久光もまた、西郷隆盛に対して強い嫉妬心を持っていたようです。久光と西郷の確執は、一昨年の大河ドラマ西郷どん」を見た方なら頷けますよね💦

 

そのほかにも、レーニンの後継者スターリンは、ソ連の軍隊をゼロから作り上げた天才的な軍人、トゥハチェフスキー将軍に嫉妬し、最後には粛清してしまいます。


その「嫉妬心」を生み出す根底には名門やエリートVS叩き上げ。天才VS努力家といった乗り越えられない壁の存在があるようです🧐

 

山内氏は、リーダーや経営者の役割は、優秀な人間を見出して後継者として育てることにあると考えており、これを妨げるのが「嫉妬心」だと言っておられます😳


余談ですが、山内氏は、高い能力を持ちながらも、周囲から嫉妬されることのなかった人物の好例として保科正之をあげておられます☝️


彼は、余計なことを話さず、能力をひけらかさず、足るを知る人でした。歴史に大きな名を残してはいませんが、過剰な野心を持つことも無かったのでしょう。

 

今日出た「皇帝」の逆位置は、自分の持つ権力や統率力が正しく発動されていない様を表します😣

 

皇帝は強大な権力を手にしていますが、それゆえに自制心を保ち、己を客観的に見据え、先ほども言った「嫉妬心」なんかに振り回されてはならないのです❗

 

もし、その力が正しく行使されないとすれば、国家を揺るすことにも成りかねない😫

国家なんて大層な事じゃなくっても、お父さんの厳し過ぎる態度が、やがてただの「横暴」へと変わり、それが原因で家庭崩壊なんて話もよくありますよね😱

 

まぁでもね。

最後はみんなに食べられる運命であるリヴァイアサン。どんなに偉そうに振る舞ったところで、「権力を持つ」ということは、その身を捧げるということなんでしょうねぇ😌

 

その身と引き換えに手にする「権力」⚔️

それでもあなたは欲しいですか❓

 

今日もまたどこかで、嫉妬にかられた上司が、優秀な部下を踏みつける姿が目に浮かびます👀今日もまたどこかで、優秀な後輩が、嫉妬にかられた先輩に叱責される姿が目に浮かびます。

 

最後には食べられるとも知らずにね😟

くわばらくわばら············。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

奈良県大和高田市 タロット&西洋占星術 

『占いの館 智和輪~chiwawa~』

鑑定のご依頼はホームページまで🔮あなたのお悩みお聞かせ下さい。いつでもお待ちしております😘


奈良県大和高田市 占いの館 智和輪chiwawa 占い師Sumi - 西洋占星術 タロット占い

 

公式LINEはこちら🍀

お申し込みお問い合わせは、公式ラインからも受付中😘是非お友達登録してね✨

https://lin.ee/16L24h5

 

 

スキルマーケット『ココナラ』

"占い師すみ(SUMI)"で出店中💗


占い師SUMIさん(占い師)のプロフィール | ココナラ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

#奈良県 #大和高田市 #占い #当たる #占い師 #タロット #Tarot #西洋占星術 #ホロスコープ #ホームページ #対面鑑定 #メール鑑定 #オンライン鑑定 #リモート鑑定 #LINE鑑定 #タロット講座 #タロット教室